ビーグレンデンタルで自宅で簡単ホワイトニング奮闘記

ビーグレンデンタルホワイトニングジェル効果口コミを検証

ビーグレンデンタルホワントニングジェルの効果口コミは本当?
実際に継続して使ってみた効果を体験レビュー

 

最近ホワイトニングバーなども増えて白い歯に対する関心が高まっています。
ですがホワイトニングバーに通うのは時間もお金もかかるという人に
もっと手軽にホワイトニングが出来る方法を紹介します。
そもそも、私は歯が黄色い事がものすごくコンプレックスで、
笑う時もなるべく歯を見せないようにして笑う習慣がついていました。

でも、ホワイトニングバーに通うには時間もないし
お金もかかる、、、

かといって、ホワイトニング歯磨きでは
一向に白くならない、、、。

美しくキレイになるには
お金も時間も手間もかかるのです、

と思っていたけれど、

 

ビーグレンデンタルのホワイトニングジェルの
自宅で簡単にホワイトニングができる!というのに
目からウロコ!

 

とりあえず騙されたと思って
ビーグレンデンタルホワントニングジェルの
トライアルセットで試してみる事にしました。

 

↓↓詳しくみる
>>ビーグレンデンタルトライアルセット

 

トライアルセットは1980円で1週間試せて
返金保障までついているので
歯のホワイトニングをしたい人には是非試してみてほしいです。

 

 

ビーグレンホワイトニングニングジェルトライアルセットを購入してみた

ビーグレンデンタルホワントニングジェルの効果口コミは本当?
実際に継続して使ってみた効果を体験レビュー

 

さっそくビーグレンデンタルのトライアルセットを購入してみました。

 

ビーグレンデンタルの商品はアメリカから送られてきますが、
注文したらすぐ発送してくれたようで
注文してから早いと2〜3日で到着します。

 

 

中にはトライアルセットが一式。。。

 

どうやら自分で組み立てるらしいです。

 

といってもそんなに難しくはなく、
まずはスタンドを組み立てます。

 

これがホワイトニングトレイ。
歯の表面にホワイトニングジェルを塗った後に口にはめるマウスピースです。

 

ホワイトニングジェルは注射器のよう容器に入っています。

 

ジェルを歯に塗る時に使うブラシ。

 

ホワイトニングジェルを使用する時に付け替えるノズルとキャップ。

 

カラーガイドは実際の自分の歯の色がどのくらいなのかを
チェックするためのものです。

 

 

これらセット一式をスタンドに収納します。

 

これで準備完了です。
ホワイトニングジェルは歯に塗って
最初は10分からとなっていますが、
ホントは30分から1時間の使用は
早く効果が出るので私は最初から30分で始めました。

 

でも慣れないとホワイトニングトレイをつけて
長い時間いるのはけっこう辛いかもしれないので
短い時間から慣らしていったほうが良いかもしれません。

 

 

 

注射器のようなブースターにホワイトイニングジェルが入っていますが
1回分ずつメモリがついているので
このメモリを目安に使用します。

 

メモリ一つ分のジェルをスパチュラに出します。

 

 

1回分の量はこのくらいです。
これを歯の表面に塗っていきます。

 

↓↓歯のホワイトニング開始前ビフォーはこんな感じです。

 

 

カラーガイドで現在の色をチェック!

 

カラーガイドでチェックしておかないと、
少しずつ歯の色が変化していくので
どのくらい白くなったのかわからなくなってしまうので
カラーガイドでちゃんとチェックしましょう。

 

私のスタートはカラーガイド12からです。

 

ホワイトニング開始です。

 

まず歯をよく磨いてキレイにした後、
歯の表面の水分などもふき取ってから
ホワイトニングジェルを塗ります。

 

↓スパチュラでジェルを歯の表面に塗りました。

 

 

1回目のホワイトニングは、
朝の歯磨き後に始めてしまいました。

 

↓ホワイトニングトレイをつけます。

 

でもほんとは夜のほうがベスト。
ホワイトニングした後はできるだけ歯を汚さないようにしたほうが
効果があるので、あとは寝るだけの夜にやったほうがいいですね。

 

うっかり初日は朝、ホワイトニングしてしまいましたが、
明日からは夜やるように心がけます。

 

1回目は頑張って30分頑張りました。

 

途中、唾液がでてきてしまって
何度もホワイトニングトレイを外して
唾液を吐きだしました。

 

 

 

 

ホワイトニング2日目

 

ホワイトニング2日目も30分頑張りました。
夜にやろうと決めていたけど、
今日もなぜか、朝にしてしまいました。

 

途中、どうしても唾液がたくさん出てきてしまい、
何度もトレイを外して唾液を吐きだしたけど、
洗濯したり、家事をしながら、やっていると
あっという間に30分経ってしまいます。

 

ビーグレンデンタル

 

ビーグレンデンタル

 

光の加減でどうしても写真の色が違くなってしまいます。
今日は曇っていたのでうまく撮れなかったから、
やっぱり夜に写真を撮ったほうが安定した写真が撮れるかも、
と思いました。

 

 

 

ホームホワイトニングのデメリット

 

日本では歯のホワイトニングは
まだそれほど浸透していませんが
アメリカでは歯に対する意識がとても高く、
歯科での定期クリーニングは当たり前だし、
どこの家庭でもオーラルケア、ホワイトニング用品を使っています。
ドラッグストアなどでもたくさんの種類のホワイトニングジェルなど
品揃えも豊富で気軽に購入することができるのです。

 

なんといってもアメリカでは

 

「歯の汚さは貧しさの象徴」

 

と言われているほどですから!!

 

おじいちゃんやおばあちゃんから小さい子まで
みんな歯が白いのです。

 

アメリアで人気の商品です。

 

 

とにかく種類も豊富ですごい!!

 

しかし、いままでのホームホワイトニングにはデメリットがありました。

 

それは
ペロキサイドに依存しているのだそうです。
このペロキサイドとは、日本語では過酸化水素水の事。
(わかりやすくいうと、オキシドールですね)

 

歯のホワイトニングには効果的なのですが、
知覚過敏になりやすい、
色戻りがしやすい、
1回のかかる時間が2時間以上と
けっこう大変なので継続するのが難しいイコール効果がでにくい、
という事になります。

 

このデメリットを改善してできたのが
ビーグレンデンタルのホワイトニングジェルです。
なんとビーグレンデンタルでは
特許をとっており、その特許技術で
歯を白くする漂白効果と、
知覚過敏になりにくい、
色戻りがしにくく、
1回30分という短い時間でできる
ホワイトニングを作ったのです。

 

簡単なので継続できるイコール効果が出る、
効果が出た後、色戻りしにくいので
白い歯を持続することができる、

 

といった商品を作ったのですね。

 

ビーグレンホワイトニングジェルに使用されている成分・漂白効果

特許技術により、作られているホワイトニングジェルの成分は、
過酸化尿素とEXポリリン酸なのですが、

 

実はホワイトニングジェルが入っているブースターの中では
過酸化尿素とEXポリリン酸は分かれていて、
ブースターから出す時に2液を混ぜて出てくる仕組みになっているのです。

 

 

過酸化尿素は漂白効果を保ちつつ、ホームケアに適した16パーセントに
設定されています。

 

どうして視覚過敏になりにくいの?

歯を白くする方法とは?

 

歯を白くする為の方法としては、
歯の表面部分に着色してしまった汚れを落とすクリーニング、
歯の内部の着色に対して化学的に分解をして明度を上げることで
白くするホワイトニング、
元々の歯を白い色で塗ることで隠すマスキング、マニキュア、セラミックといった方法が存在します。
ここでは歯を白くする為の少々を紹介していくので
自分に適した方法を探してみましょう。
必要なコストが安価な順に紹介していますがそ
の分効果も弱いのでその点を理解した上で試してみて下さい。

 

 

歯磨きをすることで歯を白くする方法

 

歯の表面部分に付着した汚れに対してなら
ドラッグストアで売っている市販のホワイトニング用の歯磨き粉、
ホワイトニングジェルを使用することで
多少歯を白くすることが可能です。
これだとコストを抑えることが出来ますが効果も少ないと言えます。

 

近頃はポリリン酸ナトリウムといった化学的に色素を分解する
種類の歯磨きが注目を集めています。
注意して欲しい点として日本で販売されている歯磨き粉、ホワイトニング剤は
薬事法によりホワイトニング剤の過酸化物を使用することは禁じられています。
それは日本人に虫歯、歯周病の人が多いからなので
海外の製品を使う際には必ず歯科医師に相談し指導に従い使うようにしましょう。

 

また粗い研磨剤が使われている歯磨き粉で歯を磨くと
歯の表面部分のエナメル質が削れ落ちてしまい
象牙質が透けることで反対に歯が黄色くなるケースがあるので気をつけて下さい。

 

 

ヒントとしては重曹により歯磨きをすると
歯の表面部分に着色している汚れを除去することが可能ですが、
重曹は日本で販売されている歯磨き粉にも
使用されている成分と言えます。

 

クリーニングにより歯を白くする方法

 

タバコ、コーヒー、赤ワイン、カレーといった
着色性が高い食品を摂取することで歯は黄色くなってしまいます。
歯の表面部分に付着した色素で黄色くなってしまった人は
クリーニングをすることで歯を白く出来ます。
クリーニングは大半の歯科医院ですることが可能です。
ですが汚れを落とすだけなので元の歯の色に戻す以上に白くすることは不可能です。
クリーニングの料金は歯の本数により違ってきますが大体数千円から1,2万円程と言えます。

 

注意点としてはエアーフローと呼ばれる歯の色素を除去する機械が存在します。
エアーフローは研磨剤を歯に吹きかけることで
歯に付着した色素を除去するのですが研磨剤が
粗いから歯に沢山小さな傷がついてしまいます。
歯が傷ついた状態だと歯は着色しやすいので、
エアーフローの後は必ず仕上げにクリーニングをする必要があります。

 

 

ホワイトニングにより歯を白くする方法

 

クリーニングを行い歯を元の色に戻してから、
もっと白くしたい人はホワイトニングをオススメします。
ホワイトニングというのは歯の明るさを上げることで白くし、
とても自然な色にすることが出来るのが魅力です。
ですが歯の色が極端に濃い人、
抗生物質が原因で変色した人に対してはホワイトニングは効果がないケースもあります。

 

ホワイトニングは大別して審美歯科、
ホワイトニングサロンで施術を受けることが可能なオフィスホワイトニングと
、歯科医院でマウスピースを製作してもらい
家で自分でするホームホワイトニングとが存在します。

 

ホワイトニングにかかるコストはシステム
、効果、白くする本数によりかなり違ってきます。
ブライトスマイルの場合は1回で白くなり
システムは1回50000円から70000円程、
少々効果が落ちるモノは1回から2回で白くなり
20000円〜40000円程、
さらに数回が必要なモノは1回辺り数千円から12万円くらいと言えます。

 

さらに自宅でホワイトニングが可能なホームホワイトニングの場合は
濃度と回数により異なり相場は20000円から50,000円程と言えます。

 

 

ポイントとしてはホワイトニングは歯の表面部分のエナメル質が剥がれたり、
傷つけずに白くすることが可能な点です。
1989年から実用化された新しい方法と言えますが
研究自体は100年以上前よりされているので
安全性は高いと言えます。
アメリカにおいては99%の歯科医院で実施している一般的な方法です。

 

 

 

注意点としてはレモン果汁、
お酢を使用して歯を磨くことで一時的に歯を白くすることは可能です。
ですがこの方法は歯の表面を酸で凸凹にすることで
光の乱反射で歯を白く見せているだけだから短期間で元の色に戻りますし、
あまり何度も行なうとエナメル質が薄くなるので絶対に行なわないようにしましょう。

 

初期のホワイトニングにおいては
この方法で歯を白くしていましたが、
近頃のホワイトニングは歯を内部より白くするので、
歯の表面を傷めることはありません。
さらにすぐに元の色に戻ることもないので安心して下さい。

 

マニキュアを使って歯を白くする方法

 

歯の色が濃い人、ホワイトニングをしても歯が白くならない人、
歯を真っ白にした人にはマニキュアをオススメします。
マニキュアというのは歯の色を遮断することで
白くするので元の歯がどれだけ濃い人でも白くなります。
一部の審美専門の歯科医院で施術を受けることが可能で
短期的に白くするモノで1本数千円、
数年白さを維持できるモノだと1本1万円程かかります。

 

ダイレクトボンディングにより歯を白くする方法

 

この方法は歯の表面部分を薄く削ずり削った部分に
硬質樹脂を付けてから固めていきます。
アメリカにおいては普通に行なわれている方法と言えますが
日本では本当に一部の審美歯科のみでしか行なっていない方法で、
セラミックと比較し少々安価な値段設定となっていますが1本5万円から10万円度必要です。

 

セラミックにより歯を白くする方法

 

歯を削りセラミックを被せる、
もしくはラミネートベニアを貼って付けることにより
確実に歯を白くすることが可能です。
ですが歯を削る必要がある事と
1本で10万円から20万円程コストがかかりかなり高額な方法と言えます。

 

ヒントとしては家で歯を白くする為には市販されている商品を使う。
1の方法に歯科医院で専用のマウスピース、
ホワイトニング剤を使う3のホームホワイトニングのどちらかを選ぶことになります
。酸により白くするのはエナメル質を溶かすので止めておきましょう。

 

 

歯を白くする為にはまず希望の白さと予算を立ててから、方法を選ぶようにして下さい。

 

ポイントとしては近頃は欧米の影響を受けて日本人も白い歯の人気があります。
白い歯だと爽やかそう、清潔感がある、純粋といった印象を相手に与えることが出来ます
。だからTVのCMでは歯がキレイなタレントが好感度が高いと言えます。

 

ホワイトニングが実際に行われるようになった1989年までは、
白い歯イコールエナメル質に問題があると判断されたので、
エナメル質が透明な状態で黄色い象牙質が透けている歯の方が健康と言われていました。
現在でもその影響が残っていて歯が黄色い方が健康だと思っている人も
存在しますが安全に歯を白くする方法が確立し
世界的にホワイトニングが人気がある今は白い歯の方が
健康に気をつけているといった印象をもたれます。

 

各歯科大学の研究でホワイトニングをした歯が
ホワイトニングをしていない歯と比較し虫歯になりにくい
というデーターがあります。黄色い歯と比較し
白い歯の方が健康である証拠と言えます。
歯を白くして健康的な歯を手に入れて下さい。

 

 

 

 

そんな時、ビーグレンから発売されたビーグレンデンタルホワイトニングジェル!!

 

自宅で簡単にホワイトニングをすることが出来るのがビーグレンデンタルホワイトニングジェルです。短期間で真っ白な歯を手にいれることが出来、初めて利用する方にお勧めなのがホワイトニングジェル トライアルセットです。初回限定トライアルで1週間分が1980円で送料無料、365日の長期間の全額返金保証付となっています。

 

このセットにはホワイトニングジェル(2.5g・7回分)、 ブラシ、 スパチュラ、 カラーガイド、取扱説明書がセットになっています。さらに特典として専用スタンドと専用マウスピースがプレゼントされるのでこの特典だけでも2000円分相当なのでとってもお得と言うことが出来ます。

 

1回のホワイトニングは10分と短時間で済むのも魅力です。 低刺激なのに即効性のあるのでトライアルセットの1週間で効果を実感することが出来ます。ホワイトニングの使用方法はまず通常の歯磨きをして口の中を清潔な状態にしてから、1回分のジェルを専用のスパチュラにつけて歯の表面に塗っていきます。ホワイトニングトレイをつけて10分ほど待ち、トレイを外してからうがいをするだけでOKです。あとはカラーガイドで歯の色をチェックしたらどれくらい白くなっているかが分かるので励みになります。

 

より効果的にビーグレンデンタルホワイトニングジェルを使用する方法は事前に歯についた唾液、水分を拭き取ることです。歯に唾液や水分がついているとホワイトニング効果が低下する場合があるからです。

 

最初は10分からスタートし慣れたら20分、30分と時間を長くすればそれだけ大きな効果を得ることが出来ます。あとホワイトニングは1日2回が理想で、夜にしっかり時間をかけて行い、忙しい朝は歯磨き粉に混ぜて歯磨きをすると手軽にホワイトニングをすることが出来ます。1番のポイントは継続して続けることなので毎日ホワイトニングを続けてみて下さい。

 

また歯が白くなることで、清潔感が出る、笑顔に自信が持てる、顔色が良く見える、健康的に見える、第一印象が良くなる、若々しく見えるなど様々な効果が期待出来ます。特に接客業や営業といった人と摂取る仕事をしている人は身だしなみとして歯のホワイトニングを検討してみてはいかがでしょうか。