バストの豆知識【最低限理解しておくべきこと】

バストに関して最低限理解しておくべきこと

バストの発達とホルモンのバランスは関係が深く、ホルモンのバランスがバストの発達を阻害することもあるようです。

 

バストを大きくするためには、心も体も良好な状態である必要があり、無理にダイエットをするとバストサイズが減ってしまうことにもなります。

 

また、ダイエットをするために食事を減らすことによって、バストに求められている栄養が送られなくもなるのです。

 

ちなみに、バストサイズをアップさせるには、タンパク質を多く摂ることが重要であると言われています。

 

 

乳腺とバストにはどのような関係があるか?

 

乳腺とバストに関係性があり、乳腺が発達していればバストも大きくなると言われています。
バストにおける乳腺と脂肪の構成比は1対9となっており、脂肪線を守ることを目的に乳腺を増加させ、その乳腺を守ることを目的として、胸の部分の脂肪が増えやすくなるのです。

 

乳腺の発達ということを考えた場合には日々の生活が重要であり、女性ホルモンのバランスが適切に保たれていることが必要となってきます。

 

 

就寝中にバストをケアする

 

就寝時間が短いと、心や体に色々な問題が出てきます。

 

例えば、自律神経が正常でなくなることや女性ホルモンが乱れたりすることによって、乳腺の発達が妨げられるといった深刻な問題が出てくるのです。

 

さらに、就寝時間が短くなることで、血行や代謝も悪くなります。

 

これによって、バストを大きくするために求められる栄養が不足してしまい、乳腺に対しての働きかけが小さくなってしまうのです。

 

 

何時頃寝るのがよいか?

 

女性ホルモンの分泌は就寝中に起きるものとされていて、22時から26時の間に寝ると眠り始めてから3時間経過した後に成長ホルモンが盛んに分泌されると言われています。

 

女性ホルモンの分泌のピークは中高生あたりだと言われていて、成人したあたりからは年齢が増す度に少しずつ分泌されづらくなるようです。

 

大人になると、会社、子育て、料理や掃除といったようなことが女性には付きまとうといったことから、就寝時間が短くなりやすいですが、バストを含め、美しさを保っていくという意味でも、遅くても22時に寝ることができる生活スタイルを作っていくようにしましょう。

 

 

成長ホルモンの効果を上げる

 

成長ホルモンを分泌させることと関係しているのは血糖値であり、血糖値を下げてあげることが成長ホルモンを一番良く働かせることに繋がると言われています。

 

ですから、夜の7時から8時ぐらいに寝ても血糖値が下がらない限りはこのホルモンの適切な分泌が行なわれないのです。

 

就寝する2、3時間前に物を食べる癖のある方は、それを修正していかなければなりません。

 

 

出産やダイエットを用いてバストを管理する

 

20歳から30歳ぐらいまでの間に食事を全く摂らない等といった過剰なダイエットを何度も行なってしまうと、栄養不足となってしまい、血行にも悪い影響を与えます。

 

すると、痩せられたとしても、バストダウンしてしまったということが十分考えられるのです。

 

バストダウンさせないためには、食事を減らしながら、運動も行なうことによって大胸筋を発達させることが必要となってきます。

 

 

バストと出産をして母乳をあげることとの関係

 

母乳をあげていなくとも妊娠をして出産を行えば、バストが下がってしまうことが考えられます。

 

これは妊娠することで突然バストサイズがアップし、クーパー靭帯と呼ばれるバストを支える靭帯が伸びる、切れるということが起きることによるものです。

 

一回でも伸びる、切れるといったことが起きると、その後元に戻るようなことはなく、クーパー靭帯が伸びてしまうとバストを支えきれなくなり、バストが下がってしまうと言われています。

 

それを防ぐためには、妊娠中と出産後で着用するブラジャーを変えていくことが重要です。

 

そして、妊娠している間は、筋肉が落ちやすくなりますので、大胸筋のトレーニングも忘れずに行なうようにしてください。

 

 

ブラジャーを用いてバストを大きくする

 

バストの形が悪くなったり、小さくなったりするのは、現在着用のブラジャーが自分に合っていないことが考えられます。

 

バストを持ち上げているクーパー靭帯は、ストレスに弱いうえ、ブラジャーの着用を誤るとバストを相応しい位置で保つことができなくなるのです。